気ままな生活

つかず離れずの生活を夢見て、へーベルハウスで家を建て直しました。さて、その住み心地は・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルチジューサー&クッカー「ベジフル」

マルチジューサーベジフル

2台目のジューサーを買いました。
このジューサーは今までのジューサーとは違って
果物や野菜の大切な栄養分を壊さないでそのままジュースにします。

最近、弟がナチュラルハイジーンに嵌っていて
その影響で私も午前中は果物だけ
昼食も野菜中心の食事にしているので
野菜をたくさんとるのにこのジューサーは強い味方になりそうです。

早速、小松菜とリンゴ、みかん、人参でジュースを作ってみたのですが
搾りカスにほとんど水分が残ってないのにはビックリ!

青汁

この一杯に小松菜は少ししか入ってないのですが
鮮やかな緑色のジュースになりました。
味は果物が入ってるのでとても飲みやすいです。

ただ、材料をある程度小さく切らないといけないのが
ちょっと面倒かな。
でも、後始末はとても簡単。

これで、パスタとか饂飩もできるみたいなので
いずれは挑戦してみようかと思っています。


スポンサーサイト

術後の一週間検診

今日で両眼の手術から一週間が過ぎました。
無事一週間検診も終え
これからは読書、パソコン、飲酒の解禁。
といっても、お酒以外は術後すぐから
疲れない程度にやっていましたが
改めて解禁になってので思いっきりできます!(^^)!。

左目に少し炎症があるものの順調に回復。
1か月までは週1の検診になりました。

ところで、視力が良くなったので
今日、市の警察署に行って
免許証の眼鏡解除の申請をしようと思いましたが
県に2か所ある試験場まで行かないとできないとのこと。

更新の時期だったら良かったのですが
ちょっと面倒なことになりました。
まぁ、運転するときは必ずサングラスをするので問題ないのですが
なるべく早いうちに行ってこようと思っています。

それから税務署に多焦点眼内レンズの費用の医療控除について聞いたところ
目の中に入れるレンズだったら問題ないとのこと。
コンタクトはダメなんですよね。

それと交通費も控除の対象になるので
しっかり通院した日にちを書き出して申告するつもりです。
交通費が一回2000円くらいかかるのでバカになりません。
来年の確定申告は医療費控除でかなり戻ってきそうです。


土用干

梅雨明け後、33度以上の猛暑が続いています。
本当に毎日暑いですね。

以前漬けておいた梅干しの土用干をしました。

土用干

適当な漬け方で漬けた梅干しでしたが
カビることもなく順調にしあがっています。
赤紫蘇をちょっとケチったので色はいまいちですが
出来はまぁまぁでしょう。

土用干は3日3晩外で干しますが
2階のベランダは6畳分の軒があるので安心して夜も干せます。

明日まで干して瓶に詰め
天日に当てた赤梅酢をひたひたに入れて保存します。
1年くらいすると味もまろやかになって美味しいですよね。
今から楽しみです。

白内障(多焦点眼内レンズ)の手術

両眼の手術が終わって3日目。
かなり目の状態も安定してきました。
疲れない程度だったらパソコンもOKということで
手術当日の様子を書きとめておきます。

最初の手術は7月9日。
午後12時半ごろ病院に着き
待合室で待ってると順番に瞳孔を開く点眼が始まりました。
10分おきくらいに数回。
だんだん視野がおかしくなって瞳孔もしっかり開いたところで
一人ずつ呼ばれて手術室に入りました。

この日の手術は4人。
年齢順なのかよく分かりませんでしたが
私は最後でした。
それでも、始まってしまうと15分くらい間隔で
あっという間に順番がきました。

不思議とそれほど緊張はしていませんでしたが
さすがに手術台に座るとちょっとドキドキ。
抱き人形を抱かされ(緊張を解くのにかなり効果がありました)
「はじめます」の先生の言葉で
目の洗浄、消毒ではじまり
布のようなものを目に被され
筒のようなものを目にはめられいよいよ手術開始。
眩しい光をじっと見てると段々綺麗な青い光に変わり
そのうちなんとなく先生の手の動きが感じられ
水晶体を砕いてる音とか吸い出している音がかすかに聞こえ
色の変化もいろいろ変わってきました。

「順調に進んでいますよ」という中村先生の声がけが時々して
そのたびに安心しました。
「今からレンズを入れます」と言われ
なんとなくレンズを入れてるのが分かり
そのうちはっきりとした光が見え終了。

被されていた布が取り外された瞬間
「見える」と思わず言ってしまいました。
レーシックを受けたひとの体験談でもよく書かれていますが
その瞬間は本当に感動ものです。

ただ、最初の手術の場合は片眼は見えない状態なのと
手術した目も瞳孔が開いてるのでとても見難い状態。
この日は主人に付き添ってもらったので
安心して電車で家まで帰れましたが
ひとりだったらちょっと不安だったでしょう。

手術当日は早々と寝たのですが
翌日からははっきりとした視力になり
翌日検診では2.0の視力が出て先生もびっくりされてました。

近くも段々見えるようになって
心配していたガチャ目の生活もそれほど不便を感じず
通院もひとりで大丈夫でした。

2回目の手術は16日でしたが
両目が見えるようになるという期待からか
待合室でちょっとしゃべりすぎて却って興奮状態。
それでも落ち着いて手術をうけられました。

今度は片方が良く見えるので
手術した目がかなりかすんで見え心配でしたが
翌日には両眼はっきり見え、今まで見たことのないような
明るい景色が窓いっぱいに広がっていました。

手術後の痛みは全然なく
コンタクトを入れた時のちょっとゴロゴロする感じ。

今まで白内障の手術というと大変な手術だと思っていましたが
医療の進歩とはすごいですね。
点眼だけの麻酔で痛みもほとんどなく
眼帯をすることもなく、1日に4回の点眼だけで炎症もなし。

昔は視力がかなり悪くなってからしか手術は行われなかったのが
最近は早いうちにするようになりました。
そうはいっても手術はリスクがつきもの。
最悪、失明ということもあります。

私のような白内障でもないのに手術をするのはかなりの決心が要りますが
中村先生を信じて本当にやってよかったと思っています。
医療は先生との信頼関係。
名古屋アイクリニックの中村先生との出会いは
私にとって、とても幸運でした。

2.0の世界

昨日で両眼の手術が無事終わりました。
ガチャ目の一週間は思ったより不便を感じずに過ごせましたが
やはり両眼がはっきり見える世界は別ものです。

まだパソコンはあまりできない状態なので
手術の経過はもう少ししてから詳しく書きますが
多焦点眼内レンズは本当に凄い!

遠くは2.0
近くも新聞が読めるくらいなのでほとんど不便は感じません。
ただ、夜になるとライトが少し眩しく感じるので
今までより、室内の明るさは落としています。

問題の夜の運転はまだですが
日中の運転は今日からOK。

レンズを入れ替えることによって
10歳くらいの目になると言われていましたが
ほんとうに景色がはっきり明るく見え、感動ものです。

眼鏡だとあまり度を強くすると頭が痛くなったのに
眼内レンズはそういうこともなく快適。

まだ手術したばかりなので
ちょっとした違和感は否めないですが
普通だったら3ヵ月から半年は慣れるのにかかると言われているので
これからの経過が楽しみです。

それにしても、遠くも近くもこんなに見えるようになるとは思いませんでした。
この結果には先生もビックリなさっています。

思い切ってやって良かった。
なんとなく家を建て替えたときの気持ちに似ています(笑)。

朝食

バナナ


先日、本屋さんで『バナナダイエット』という本を見つけました。
朝食はバナナと水だけ。
お昼と夜は好きなものを食べてよく
間食も3時にはOK。

バナナは消化酵素がたくさん入っていて
繊維質も多いので、便通にもよくてダイエットに向くそうです。


私も朝食は果物中心。
でも、それだけだと痩せていってしまうので
今は胚芽パンと紅茶を一緒に摂っています。

朝食


今は生野菜や果物の酵素が見直されてるようです。
以前は生野菜より温野菜のほうが良いと思っていましたが
40℃以上熱を加えると酵素が壊れてしまうそうです。

今は朝は果物
昼、夜は必ず生野菜を添えたメニューにしていますが
朝の便通もよく、体重も低いところで落ち着いています。
もっとも、私の場合はもう少し太りたいのですが・・・。


さて、いよいよ明日は左目の手術の日。
暫くはパソコンから離れた生活になりそうです。

手術前の目薬

昨日、手術前の最後の診察に行ってきました。
先日で最後だと思っていたのに
私が迷ったのでそれに時間が取られてしまって
最後の薬の説明と手術費用の支払いが間に合わなくて
再度、受診ということになったらしい。

術前、術後の説明と
医師から手術に関するリスクを説明されました。

何十万分の1の確率で起きることまで説明され
最悪失明ということもあると聞きましたが
飛行機事故より確率が低く
それを恐れて飛行機に乗らないかという次元の問題なので
あまり気にしないことにしました。

術後のことは看護師さんからいろいろ説明を受けましたが
痛みはほとんどなく、車の運転も翌日から可能とのこと。
でも1週間はガチャ目なので多分運転はできないと思いますが。

ただ、洗顔、洗髪が5日目からしかできないのがちょっとしんどいかな。
お化粧は2週間目から。
すっぴんはそれほど気にならないけど
この時期、日焼け止めを塗らないで外出するのは後が怖い(ーー;)

手術前3日からの点眼が今日から始まりました。

クラビット


点眼する前はよく手を洗って
目のまわりをクリーンコットンで拭き
流れた目薬もコットンで拭くように言われました。
これをしておかないと手術を受けられないそうです。

手術までは1種類だけなのでそれほど大変ではないけど
手術後は3種類に増え、もう片眼の手術前3日前からは
左が3種類、右目が1種類の点眼。
まだ、今のうちだったら多分間違えないと思うけど
年取ったらちょっと自信がないな。

こういうことを考えると
今のうちに白内障の手術をやっておくのも悪くはないか
とヘンに納得しました。

アガパンサス

アガパンサスの花が咲きました。

アガパンサス


アガパンサス3

多焦点眼内レンズ

日曜日に主人と共に多焦点眼内レンズの術前説明に行ってきました。

手術日が近づくと、あれだけ迷った末に決めたことなのに
またまた迷いが出てきてしまって
お医者さまにいろいろ質問してしまいました。

一番、気になったことは夜の運転。
視力検査の時、検査技師の方の
「手術を受けられた方は夜の運転は控えられる方が多い」
の一言にちょっとショック。
ハロー、グレア(光の見え具合)の影響がどの程度にでるか個人差があるものの
やはり光が眩しく感じる方がいるとのこと。

直接、中村先生にお聞きするのが一番ということで
主人と一緒にいろいろ質問しました。
主人は理論的に多焦点レンズのことを聞いて納得したようです。
私の説明では全然理解できてなかったようで
術後の見え方も気にしなければ運転もできるのでは、と前向きに考え
予定通り7月9日と16日に手術を受けることにしました。

まだ白内障になってないので
近視を少し残したレーシックという手もありますが
確実に老眼が進んでくると手元がかなり見え難くなるし
いずれは白内障になる確率は高い。
長生きして、80歳以上で手術を受けることを考えれば
今のうちに手術をするのも悪くない。

中学のころから眼鏡の生活をしてきた私にとっては
裸眼で生活できることは憧れ。
これから何歳まで生きられるかわかりませんが
まだまだいろいろなことに挑戦して人生を楽しめるかな。



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。