気ままな生活

つかず離れずの生活を夢見て、へーベルハウスで家を建て直しました。さて、その住み心地は・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道土産

北海道のお菓子といえば
六花亭のお菓子を思い浮かべますが
今回は添乗員さんのお薦めのお土産も買ってきました。

ハスカップジュエリー
このお菓子はレーズンサンドに似ていますが
中のハスカップの酸味がチョコと合って
すごく美味しかったです。



haskappjewelry.jpg



途中のあしょろ庵にあった胡桃のチョコ。
なんていうことないチョコですが
ちょっとしたお土産には良いです。


ashorotyoko.jpg



なかなか手に入らないと言われていたじゃがポックル
帰りの千歳の搭乗口の売店で偶然見つけました。
空港内ではすぐに売り切れるそうですが
ここは穴場らしいです。
味はカルビーのジャガリコに似ていて
一度食べてみれば、な~んだというお菓子でした。

jyagapokuri.jpg

スポンサーサイト

旅行四日目

4日目は壮大な十勝平野を車窓から見ながら
日勝峠、夕張を通って
12時には新千歳空港に着きました。

tokatiheiya1.jpg


旭川周辺ではジャガイモの花が綺麗に咲いて
牧草を丸めた、白と黒のロールがいたる所にあって
のんびりした風景を楽しめました。

ざっとした旅行記でしたが
綺麗な景色を楽しんでいただけましたでしょうか。
二度目の主人との2人だけのバス旅行。
なんとか無事終えることができました。

旅行三日目

3日目は早朝から知床五湖の散策でしたが
熊が出没するということで変更。
近くの滝をゆっくり1時間かけて見学。
自然をたっぷり堪能しました。

siretoko1.jpg


知床を後にして、峠を越して十勝平野に向かいました。
まずは摩周湖。
珍しくはっきり見ることができて感激。

masyuko1.jpg


次に雌阿寒岳の麓にあるオンネトー。
是非この湖は見たかったので
期待通りの景色で満足。

onneto1.jpg


オンネトーを後にして
美人の湯で名高い十勝川温泉に到着。
ぬるぬるした泉質で肌がすべすべになりました。

旅行二日目

2日目は早朝、柱状摂理の中を流れる
銀河、流星の滝を見学。

ginga1.jpg

ryusei1.jpg


その後、網走に直行。
展都山で-20度の世界を体験して
実際の流氷に触ってきました。

ryuhyou1.jpg


網走刑務所の前にあるオホーツクバザールで昼食。
網走刑務所を見て、いよいよ世界遺産の知床に到着。
雄大なオシンコシンの滝を見た後

osinkosin1.jpg


遊覧船に乗って、流氷がつくりだした
雄大な絶壁の景色を90分楽しみました。

siretokoyuran11.jpg


この日は早めに旅館に着いたのでゆっくりでき
早めに床につきました。

北海道旅行一日目

4日間の旅行を無事終えて、昨日帰ってきました。
旅行中、お天気は良好。
この時期の北海道にしては気温は高めでしたが
湿気のない爽やかな良いお天気に恵まれ快適な旅行でした。

初日は富良野を通って、層雲峡に宿泊。
富良野のお花はまだちょっと早くて残念でしたが
雄大な田園風景を満喫できました。
 
lavender.jpg


富良野でキャンドル作りを体験して
午後7時頃、層雲峡に到着。
宿泊した朝陽リゾートホテルは古い旅館でしたが
リクラゼーション施設が充実。
腰が痛かったので整体をうけましたが
的確な整体師さんの施療のお陰で
すっかり疲れがとれました。


HNの変更

今までペットの名前をとって
「マリン」というHNを使っていましたが
マリンの記事を書く時、ちょっと使い難いので
以前使っていた「まさこ」に変更します。
当分紛らわしいかと思いますが
宜しくお願い致します。

それから、明日から4日間の北海道旅行に行ってきます。
主人と2人きりの2泊以上の旅行は
新婚旅行以来はじめて。

5月に結婚33年を迎え
今まであっという間の夫婦生活でしたが
この旅行をきっかけに
これからの夫婦のあり方を考えてみたいと思っています。

ワックス

前のブログで無垢の床のワックスのことを書きましたが
それも、へーベルの工事課の方の配慮で
やり直して頂くことになりました。
24時間の拘束も明日から4日間旅行に行くので
その間に責任をもって対処してくださることになって
一番よい解決策になりました。

さて、フローリング意外のワックスについて
初回点検のとき紹介して下さったリンレイの「オール」を
台所のタイル、洗面所、トイレの床に塗ってみました。

all.jpg


このワックスは全然滑らなくて
程よい艶もでて良い感じになりました。

yukawax.jpg


建て替えの理由

私が家を建て替えたいと思った最大の理由は家の明るさ。
偶々テレビで見たYKKの窓の宣伝がきっかけになりました。
窓の位置が段々高くなっていくにつれ部屋が明るくなっていく宣伝。
結構インパクトのある宣伝ですよね。

高いところから光を入れれば南に家が建っても明るい。
今は南側に家が建ってないけど
もし家が建ったら一日中電気をつけなければならない生活。
これから主人が定年を迎え、快適な老後を過ごすには・・・
なんて考え始めたら
どうしても家の建て替えをしたくなってしまいました。

さあ、それからが大変。
まずは主人の説得。
さすがに今まで何度もリフォームを繰り返してきただけに
なかなかウンと言いません。

そうですよね。
男の人は今までは休日に家に居るだけ。
それに主人は休日でもほとんど出かけているので
家はそんなに重要ではないのです。
確かに耐震診断も問題なかったし
私自身ももったいない気はしていましたが
それでも、それでも・・・なんです。

とうとう、主人が折れて許可が下りたときは嬉しい反面
ほんとうにこれで良いのかしら、というジレンマに悩みましたが
もう後には引けません。

まぁ、それからもいろいろありましたが
無事今に至ったということです。

家の明るさは吹き抜けを作ることによって大満足。
今日みたいな曇天でもリビングは照明が要りません。
快適な生活ができて、今の幸せに感謝です。

fukinuke6.jpg

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。